2014/12/3(水) N.U. 5thアルバム発売!!
『風が強く吹く日に』
SBR-1012 全8曲

【N.U. Official Siteに戻る】

2020年03月18日

N. レコーディング進捗状況報告!

レコーディングの日々っす

当初の予定ではもう終わってるはずやったんやけどね、、、ほとんどの事は予定通りに進まないものです。曲出し期限を自分たちで作ってるんやけど、なかなか決められず気付いたら2月入ってしまって、ようやく決まり始めた2月中旬、よしここから!って思った矢先にこの騒動でそれどころではなくなりライブ開催や延期の対応で気付いたら2月終わってた( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)

とはいえ!地道に水面下で進めるのが得意な庭瀬なので1人デモ制作は進めてたのでこの2週間で天才アレンジャー炭竃くんとの作業も進み、今日の時点で4曲は完全に見えた!このまま差し替え作業に入ろうと思ってます♪差し替えってのは、デモとして弾いたり歌ってたトラックを本ちゃん用に弾き直す作業。全く同じ事を弾き直すトラックもあれば、一度作ったデモを聴いて新たに思い付くフレーズもあったりするのでその場合は弾き方変えて録り直したり。全体像が見えて初めて気付くことも沢山あるからデモ作りはとっても大切なのです。そしてこの作業こそミュージシャンとしての役得というか、、、一人でムフムフ出来る瞬間なんよね。連日夜中に一人でムフムフしてます♪

N.U.は二人とも作詞作曲する。なのでそれぞれの曲はそれぞれが納得行くイメージを作るべくデモを作るんやけど、基本アコギアレンジは僕がやるので宇田曲のアレンジにそろそろ入りたいところ。届くのを待ってるところ。どんな歌詞の曲が届くのか、この瞬間ぎ楽しみの一つ。全く作風が違うんよね。俺が作るタイプの曲は宇田は絶対作らないし、宇田が作る曲は俺には絶対作れない。視点が違うというか、感性が違うというか、、、なので恐らくN.U.リスナーの中には庭瀬曲支持者の人もいれば宇田曲支持者の人もいるはずなんよね。これが2人組でどちらもコンポーズする強みかも。俺では興味持ってもらえない人が宇田曲でN.U.の世界に入って来てくれる可能性がある。ソロやってからリアルに感じる事もあって、N.U.好きでも庭瀬ソロに興味無い人、宇田ソロに興味無い人がいて、それがまた面白いしやり甲斐にもなったりするんよね♪それはきっと声とキャラが大きく起因してるはずで、、、俺の場合は声にコンフレックスが強いから余計にチャレンジ精神をくすぐられるというか、声で振り向いてもらうにはどういう曲が合うのか?とか考えるきっかけになって勉強になる。

前回のアルバムに入れた「LOVE」は庭瀬ソロで歌い続けて来た一曲、これをN.U.で歌うにはかなり紆余曲折があったんやけど、、、楽曲の力があるならばこれまでどちらかがソロで歌ってようが書き下ろしだろうがどっちゃでも良くて、今ある曲の中から「世の中に伝わる順」で上から選びたいってのがある。メロディと歌詞の力が強い曲をN.U.で歌って行きたいんよね。そこには色んな感情論が載って来てしまうから一筋縄では進められないんやけど、、、果たして今回の新譜がどんな曲目になるか?乞うご期待!です。6/20関内ホールで無事リリースするにはまだまだ山が沢山あるけど、何としても登り切りたいね。

結成20周年はお祝いムードなんてどこ吹く風で、音楽を始めてからこんなに様々な事を問われ続けてる年は無かった。なんなら一番険しい一年になってるかも。まあなんとN.U.らしいんでしょうかww お陰で自分にとって音楽がどういう存在で、どういう想いでライブと向き合ってて、それを見守ってくれてる皆んなに対して自分が何を感じてどう向き合いたいのか?も俯瞰で見る事が出来て、、、良くも悪くも色んな事をコロナが炙り出してくれてる3月です。こんなにN.U.の事や音楽の事を考えた時間は無かった。考える事が良いとも実は思ってなくて、制作して演奏して歌って、だけで生きて行けるならどんなにミュージシャンとして純度高い人生やろうって思う日も多々あるけど、後で振り返った時に思い出すのはきっと華々しく光を浴びた瞬間ではなくて悶々と泥臭く何と戦ってるんだか分からない、もがいてる今なんやろうな〜って思ったり。

そんな日々の中、久しぶりに映画観た!
ってか悶々として一回プチっと糸が切れてしまって全部放り出して「映画でも見よ」って久々にレンタル行ったんよね(笑)。まあ後ろ向きな映画鑑賞ww 手にしたのは「Joker」
名作と聞いてていつか観なければ!って思ってた作品。まだ観て無い人の為にネタバレしないように書くけど、、、ホンマ素晴らしかった。ちょっとグロいシーン多いから、そこに目が行くとサイコ的な印象あるかも?やけど、内在されてるテーマが今の世の中にぴったりで今観るべくして観た気がした。二極化して行く世界へのアンチテーゼ。新譜の制作してる期間って事もあって小さいながらも「発信者」として一曲一曲何を伝えたいのか?自分の中で明確であらねばって考えさせられた作品やった。ホンマ隙が全くない作品。素晴らし過ぎてテレビに向かって拍手したほど。

なんか良い映画ないかな〜って探してる人にはお勧めの作品です!最近観た中でもう1本お勧めは「アバウトタイム」こちらはとっても優しい気持ちになれる作品。「今日を大切に生きなければ」っていうテーマを見事に描いてくれてます。仕事以外、楽しみでは大手を振って外に出づらい今やと思うので映画観て過ごすのも良いかも!

広く浅く映画観るタイプなので、庭瀬が独断と偏見で選ぶ!で良ければまたお勧め作品書くね♪
posted by N.U. at 04:02| ■ニワセウダイヤリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【N.U. Official Siteに戻る】





N.U. Pod Castはこちら!